外国人雇用について

外国人技術者(エンジニア)と外国人技能実習生(ワーカー)の違い

下記、表のようにエンジニアとワーカーではビザ及び就労形態に違いがあります。

技術者(エンジニア) 技能実習生(ワーカー)
学歴 大学卒業 高校卒業程度
在留資格 就労ビザ(技術) 技能実習1号・2号・3号
業種 専門技術者としての業務 認定職種のみ

(77職種139作業)

受入可能人数 制限なし

※但し、会社の規模により受け入れ人数の制限あり

制限あり

(従業員50人以下は3名迄)

受入体制 企業と直接雇用 管理団体が必要
受入可能期間 特に決まりはない

※在留期間5年・3年・1年

(更新申請可能)

最長5年

(3年終了時、一旦帰国1ヶ月以上)

就労目的で在留が認められる者

その範囲は「産業及び国民生活等に与える影響」を総合的に勘案して個々の職種毎に決定します。

「専門的・技術的分野」に該当する主な資格
在留資格 具体例
1.技術・人文知識

国際業務

機械工学等の技術者、システムエンジニア等のエンジニア。企画、営業、経理などの事務職。英会話学校などの語学教師、通訳・翻訳、デザイナー。
2.企業内転勤 外国の事業所からの転勤者で上記2つの在留資格と同じ
3.技能 外国料理人、外国建築家、宝石加工、パイロット、スポーツ指導
4.教授 大学教授
5.投資・経営 外資系企業の経営者・管理者
6.法律・会計業務 弁護士・会計士
7.医療 医師、歯科医師、看護師、薬剤師、診療放射線技師
8.研究 政府関係機関、企業等の研究者
9.教育 高等学校・中学校等の語学教師

1 ・・・「大卒ホワイトカラー技術者」
国際業務、技能 ・・・「外国人特有又は特殊な能力等を活かした職業」
4~9 ・・・「高度に専門的な職業」

AGCでは主にエンジニア(建築・機械工学系)の採用支援をしています。

外国人の雇用について詳しくはこちら
厚生労働省リンク

AGCエンジニア対応職種

建設系(土木・建築・設備)エンジニア

    • 設計業務(CADオペ業務、実施施工図作成)
    • 現場監督補助(施工管理者)
    • 構造計算
    • 積算業務
    • その他

機械工学系エンジニア

    • 機械工学系(電気、機械、システム等) ※詳細は別途相談

問い合わせはこちらから03-5215-8775営業時間 9:00 - 18:00 (土日祝日は除く)

メールでの問い合わせはこちらから